燃費対決でトヨタカムリにカウンターパンチを決めたアコードハイブリッド

投稿者: | 2016年9月19日

現在、各自動車メーカーが現在取り組んでいる燃費性能の改善については、ハイブリッドカーが主体となってある。
ハイブリッドカーにあたって、10数年間の間、市場をけん引してきたのがトヨタのハイブリッドシステムTHS-Ⅱと呼ばれるシステムでした。
ミドルサイズのセダンでは、カムリのハイブリッドモデルがリッター23.4km/hという数字でトップの座に君臨していました。
それを見事に、そして軽々と抜いてしまったのがホンダのアコードハイブリッドだ。トヨタのカムリのハイブリッドシステムが、エンジンとモーターを複雑な
制御を通じて状況に応じて最適な状態にコントロールしているのに対して、アコードハイブリッドでは、基本的にモーターでの走行が主体で
高速での一定速度での走行等の限られた場合のみ、エンジンが駆動に関わってある。両システムともにモーター二つを搭載しているものの、
その制御にははっきりとした差が存在します。
アコードハイブリッドの場合、モーターが発電用って走行用といった完全に役割が分かれているほか、エンジンもある特定の回転数領域の効率を突き詰めた設定となっている為、
ハイウェイの走行などの高速での定速走行ときのようなモーターが苦手とする状況では、エンジンが主体となる事で燃費を稼ぐ事ができます。
このように、各機器の機能を特化させる事で、効率を決めることができたことが、アコードハイブリッドの燃費向上に大きく影響しています。ミニバン 人気